アパート経営で失敗しないように対策を考えましょう

買い急ぐ理由があります

マンション

投資用マンションでの資産運用が気になっているのであれば、今が始める好機と言えます。その理由は2つあります。1つ目はまだインフレーションが始まっていないことであり、2つ目は史上稀にみる低金利が続いているということです。

More Detail

不在の住まいを活用する

メンズ

転居によりしばらく住まいが空になることがあります。まだまだ売却したくない物件なら戻ってきて元の暮らしができるように、リロケーションを活用するとよいでしょう。リロケーションなら、不動産会社を通じて入居者に暮らしてもらうことで、管理ができるとともに、家賃収入が入ってきます。

More Detail

家賃収益を得よう

アパート

アパート経営に失敗をするパターンとして挙げられる事は、家賃が高すぎるパターンがあります。例えば駅から遠いのに家賃が高いアパートは、入居者からの人気が下落するために経営に失敗します。また近隣に病院やスーパーなどが無い場合も、入居者からの人気が上がらない傾向があります。それにも関わらず、家賃を高くすると入居希望者が大幅に減るためにアパート経営から撤退をする事になります。したがって、家賃の設定は近隣のアパートの相場の価格を設定する事を推奨します。さらに、アパートの近くで開校していた大学が閉校してしまった場合も、経営に失敗するパターンとして挙げられます。この場合は入居者の多数を占める学生が減るからです。

アパート経営に失敗する原因としては、短期的な視点で経営をしてしまうパターンが挙げられます。例えばアパートが古くなる事によって、修繕費が必要となります。この修繕費は多額な費用が必要となりますが、長期的に安定してアパート経営をするために必要な出費です。したがって修繕費を節約してしまうと、アパートの老朽化が進むために経営に失敗をします。さらに、入居者同士の騒音問題やゴミ処理問題について上手に解決が出来ない場合も、入居者の人気が下落する要因となります。また防犯対策が万全ではないアパートも女性層の人気が下がるために、アパート経営に失敗をする事が多いです。そのため防犯カメラや管理人を駐在させる等の対策をしましょう。

参加すべきイベントです

セミナー

不動産投資での資産運用を考えているのであれば、無料の不動産投資セミナーに積極的に参加しましょう。無料だからといって、決して侮ってはいけません。不動産投資に関する新鮮な情報をいろいろと聞くことができます。

More Detail